音楽情報
聴く >

黄昏ミュージックvol.88  ドリームス/ジャパニーズ・ブレックファスト

黄昏ミュージックvol.88  ドリームス/ジャパニーズ・ブレックファスト

本業の絵の制作に励む日々が続いているが、今回のテーマは、「バー希望」オーナーからレコメンドしてもらったBSドキュメンタリー番組での主題であった、香港に適用された悪法、国安法で、それに関し筆者が感じた少々ポリティカルな事象を絵柄として描き起こしている。
 モチーフとして音楽関連で取り入れたのは、最期の良き香港を描いた、初期ウォン・カーウァイ作品のスーパーヒロイン、フェイ・オン。特に彼女が歌うアイルランドのバンド、クランベリーズのカバー曲「ドリームス」の劇中での印象は未だ非常に深い。
 オリジナルは言うがもがな、意外と良いカバーとして米フィラデルフィアのインディー・ロックバンド、リトル・ビッグ・リーグの紅一点のフロントウーマン、ミシェル・ザウナーによるソロ・プロジェクト、ジャパニーズ・ブレックファストのヴァージョンは外せない。
 フェイ・オンのオリジナルに擦り寄るリスペクトを込めたプロダクトに比べ、出自であるポスト・ロックが色濃く反映された荒目のエッジが心地よい。 
 さて、その辺の作品群は、6/3から始まる@奥渋/希望2Fでの展示で、いよいよ人目に触れることとなる。(se)